オーディションに強い、評判の良い優養成所を厳選してご紹介!

青二塾

青二塾は、ベテランから若手まで著名な声優が多数所属する、日本初の声優プロダクションである青二プロダクション直属の養成所。

卒業時に青二プロダクションのオーディションを受けることが可能ですが、入塾自体も、オーディション合格もかなり狭き門のようです。

多くの他の養成所とは異なり、週1、2回数時間ではなく、全日制で1年間、あるいは夜間に2年間みっちり授業があり、声優としての技術だけではなく、舞踊にも力を入れています

また、青二プロダクションのベテラン声優、歌舞伎、人形劇など様々な演技者の授業も行っており、演技者として幅広い知識や技術が身につきます。

卒業公演も大々的に行っており、デビューがかなわなくても、得るものが大きいキャンパスライフが送れるので、若い方におすすめの養成所です。

歴史ある最大手声優プロダクション直属の養成所

青二塾は、日本初の声優プロダクションである青二プロダクション直属の養成所です。

青二プロダクションは、1969年設立の歴史あるプロダクションで、東映のアニメ作品の出演をほぼ独占していた時代もあり、他にも多くの製作会社でキャスティングを行っていました。

現在でも日本で最も著名な声優の1人である大御所野沢雅子、田中真弓、神谷浩史、小野坂昌也、緑川光など、そうそうたる有名声優が所属しています。

つまり、青二塾から青二プロダクションに所属できれば、声優として様々な作品に出演できるチャンスに恵まれる可能性があるわけです。

青二塾では3月に行われる青二プロダクションオーディションに参加できます。

そこで合格を勝ち取れば、青二プロダクション所属の声優として第一歩を踏み出すことになるのです。

声優の技術だけではなく、俳優になるための幅広い講義が受けられる

青二プロダクションの基本理念は「優れた声優は優れた俳優でもある」です。

そのため、青二塾では、声優として必要な発声、演技だけではなく、洋舞、日舞など踊りを通しての身体の動きの指導も行っています。

また、特徴的なのは、ゼミナールと呼ばれる、様々な分野のプロを講師に招いての授業があることです。

青二プロダクションからは古川登志夫、柴田秀勝、銀河万丈などプロダクションの重鎮、その他に歌舞伎役者、マジシャン、パントマイマー、人形劇など、様々な分野のプロによる興味深い授業が受けられます。

独創力、個性を伸ばすこと、豊かな人間性を育てること、幅広い自己表現ができることに力を入れた本格的な内容の濃い授業なので、卒業までに大きく成長できます。

入塾自体が狭き門!?放課後の習い事では済まされない青二塾

青二塾は入塾オーディションがあり、実は入塾自体が狭き門と言われています。

その年によって異なりますが、だいたい倍率は3倍くらいのことが多いようです。

実のところ、そこからさらにプロダクションのオーディションは厳しい倍率となっており、年によっては青二塾卒業生が160名ほどいるのに対し、10名もプロダクションに所属できないこともあるとのこと。

しかし、所属できるのは最大手青二プロダクション。ハイリスク、ハイリターンと言えそうです。

青二塾は1年間の全日制と2年間の夜間のⅡ部があります。

他の養成所は週1回か2回数時間という所が多いですが、青二塾の授業内容はそれだけ奥が深く、充実していますが、受けるほうも真剣度が問われる内容と言えるでしょう。