オーディションに強い、評判の良い優養成所を厳選してご紹介!

俳協ボイス

 

俳協ボイスは東京新宿の声優養成所です。
俳協ボイスではプロの声優・ナレーターになるためのトレーニングが受けられます。
そんな俳協ボイスの授業料やカリキュラムについて詳しく紹介しましょう。

俳協ボイスとは?その全貌に迫る

俳協ボイスは東京校と大阪校があります。
応募資格は16歳から38歳までであり、春季と秋季の年二回受講生を募集しています。
受講料は7千円、試験は朗読・セリフ・面接試験となっています。
どれが行われるかは当日に決まるのでどれも万全に練習しておくと良いでしょう。
また、審査時には「自己アピール」を一分間することも求められます。
この自己アピールで自分の魅力が出せる用に何度も練習しておきたいところでしょう。
授業料は22万円です。
これは入所料も含んでいます。
教材も無料で支給されますが、一括納入しないといけないのがポイントです。
教育機関は半年で週一回レッスンが有ります。
一レッスンにつき3時間です。
レッスンでは発声・滑舌法、基礎演技、ナレーションなどの基礎的な内容を学んでいく事となります。
どれも基礎的なことばかりですが、声優になるためにはどれも欠かせない知識になってきますからマスターしておきたいところでしょう。
教育終了後には審査もあり、この審査に合格すると上級クラスに進む事が可能です。
上級クラスは毎週金曜日、18時から21時30分にわたって授業が行われます。
上級クラスではセリフ劇レッスンやアフレコレッスン、ナレーションレッスンなどのより応用的な内容が試されます。
上級クラスも同様に半年間教育が行われますが、上級クラスでも最後に審査が設けられています。
この審査に受かると俳協ボイスに所属することができるというわけです。
ちなみに俳協ボイスのスタジオはかなり広いことも特徴です。
学校の地下には劇場もあり、感性を磨くことも可能になっています。
スタジオも駅からかなり近いので通いやすさという点でも問題はないでしょう。
この俳協ボイスですが、かなり授業料が安いということもあり、なるべく安く声優養成所に通いたい人におすすめです。
また、もちろん俳協ボイスに所属したいという人も検討してみると良いでしょう。
カリキュラムでもセリフ劇レッスンなどの実践的な内容に重点が当てられていますから、退屈せずに学んでいくことができるのも良い点です。
このように俳協ボイスは魅力が色々とありますが、興味を持った場合には後述するようにレッスン見学をして実際に確かめてみるのも良いでしょう。

俳協ボイスのレッスン見学

俳協ボイスに興味があるという人は俳協ボイスのレッスンを見学してみると良いでしょう。
クラス見学は定員が6名で、入試の前に一度行っておきたいところです。
とはいえ、入試前になるとクラス見学の予約も取れにくくなるので早めに予約しておきたいところでしょう。
他に、資料請求をするということも可能です。
資料請求をすれば生徒の声なども確かめることもでき、より俳協ボイスについて詳しく知ることができるでしょう。
俳協ボイスではブログも運営しています。
このブログでは日々のレッスン内容も掲載されていますから学校選びの参考にしておきたいところ。
東京校と大阪校のどちらにするか迷うという人もいるかもしれませんが、基本的にどちらでも余り変わりはありません。
そのため、単純に自宅から近い、もしくは通いたい都市の学校を選んでみると良いでしょう。
俳協ボイスについて詳しく紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。
俳協ボイスは独特な特徴のある声優養成所になっており、東京で声優養成所を探しているという人には良いかもしれません。
まずは見学してみるというのも良いでしょう。