声優になるには?おすすめの声優養成所!

AMG

将来の職業として声優を目指したいと思うこともあります。

しかし、実際にプロダクションに所属できるのか、不安に思うことも事実でしょう。

しかし、アミューズメントメディア総合学院なら大丈夫です。

産学共同による現場実践教育で、高いプロダクション所属率を誇っているからです。

 

産学共同の現場実践教育が行われています

アミューズメントメディア総合学院の特徴の一つは、声優業界で長く活躍できる人材を輩出するに、様々な工夫が実践されていることです。

その一つが、在学中からプロの現場が経験できる産学共同の現場実践教育です。

アミューズメントメディア総合学院は、出版やドラマ、アニメ・音楽など様々なエンターテイメント産業に貢献しているAMGグループに所属しています。

そして、学院内には教育プログラムの一環として制作事業部(制作プロダクション)が配置されており、AGMグループ企業が企画・制作するコンテンツ事業を在学生が経験し、技術や知識を学ぶとともに報酬までもらえる機会が提供されているのです。

在学生たちは一つの芸歴を持った経験者として、将来のオーディションに自信を持って臨むことができるだけではなく、プロダクション所属に向けた大きなアドバンテージを得ることができるのです。

アミューズメントメディア総合学院は、まさに制作現場こそ最高の教育現場という考えのもと、産学共同を推進にしている学校だといえます。

 

高いプロダクション合格率がメリットの一つです

声優の実践教育を2年間じっくり受け、卒業後にすぐプロとして仕事ができるという点も魅力の一つです。

プロダクションの直接所属に合格する割合は、なんと73.8%です。

また、養成所の特待生合格者(18.5%)や俳優・劇団・映像系事務所に合格した人(2.1%)、プロダクション付属の養成所に合格した人(5.6%)などを含めると進路は100%です。

この実績だからこそ、安心をして入学できます。

また、声優プロダクションやナレーション系プロダクション、芸能音楽事務所など75社以上の業界関係者によるオーディションも開催されており、この点もアミューズメントメディア総合学院で学ぶメリットといえます。

卒業した先輩たちの声の中にも、プロダクション所属率の高さで入学を決めたとか、卒業した人の活躍や実績で選んだという感想が見られます。

卒業後すぐに声優のプロとしてデビューし、活躍するチャンスがあるのです。

 

多彩なコースが用意されています

一人ひとりのニーズに合った多彩なコースが設定されていることも魅力の一つです。

未経験からはじめて2年間でプロダクションへの直接所属を目指す声優学科(本科/全日2年制)だけではなく、声優専科(夜間・日曜)やジュニア声優タレントコースなどがあるのです。

人生の中では声優の夢を追いながらも様々な事情で別の仕事に就いたり、別の進路に進んだりすることもあります。

声優専科(夜間・日曜)は、夢を諦めきれない社会人や学生の方が、その仕事や学校を続けながらWスクールで夢の実現をサポートするコース(高校生以上、30歳未満)です。

また、ジュニア声優タレントコース(2019年5月開講)は中学生のためのコースです。

現在タレントに求められているものは歌やダンスといった才能だけではありません。

アフレコやナレーションなどアイドルとしての活躍の場を広げるためコースなのです。

もちろん、講師はアニメのアフレコや外国映画の吹き替えなど、業界の第一線で活躍されている現役のプロたちです。

だから、多くのことを学ぶことができます。

 

アミューズメントメディア総合学院は、声優のプロとして現場で活躍できる人材を輩出するために、実践教育に重きを置いている学校です。

その一つの取り組みが産学共同体制です。

制作現場を知ることで多くのことを学ふとともにプロダクションとの交流を深め、卒業後すぐにプロダクション所属のメンバーとして活躍できる人材を育てているのです。

アミューズメントメディア総合学院は、夢を夢として諦めず、その夢の実現に向けて一人ひとりの個性を見い出しながら全力でサポートしている学校だといえます。