声優になるには?おすすめの声優養成所!

ヒューマンアカデミー

公開日:2019/03/15  最終更新日:2019/03/11

ヒューマンアカデミー声優専攻では学生に対して三つの約束を掲げています。

一つ目は圧倒的なデビューチャンスの約束。

二つ目は一人一人に最適な指導の約束。

三つ目は充実したキャンパスライフの約束。

これらの約束を基に多くのチャンスの場を学生に提供し、学生一人一人に寄り添う学内マネージャーが声優としての夢を一緒に実現する学校です。

では、それぞれの約束に対して実際にどのような取り組みを行っているのでしょうか。

 

圧倒的なデビューチャンスを約束

プロダクションとの連携に力を入れることで、全ての学生にオーディションのチャンスがある環境を整えています。

希望する学生全員がオーディションに参加することができ、年間で350回を超える回数が行われているため、ほぼ毎日オーディションに参加するチャンスがあります。

このオーディションの開催回数がプロダクションとの信頼関係を裏付け、プロの声優としてのデビューのチャンスを約束しています。

 

一人一人に最適な指導を行うことを約束

声優は芸能分野であり、個性が重視されやすいため自分が成長できているかを実感することが難しい分野です。

そんな判断の難しい分野でありながら、独自の評価シートを導入することで学生の成長や弱点の見える化を行っています。

元芸能プロダクションの方が学生一人一人のスキルチェックを定期的に実施し評価シートを作成しています。

これにより、学生一人一人の強みや弱点を客観的に提示することで、長所をさらに伸ばし、短所を克服していくことが可能にしています。

そして現役でアニメや映画、ナレーションなど様々な作品で活躍している講師による指導を受けることができます。

講師が現役の声優であることで、自分自身のために日々努力しているお手本であり、人生の師となります。

そんなプロ講師とプロダクションの連携により、一人一人に合ったカリキュラムによって学生をプロの声優へ導きます。

 

充実したキャンパスライフの約束

ヒューマンアカデミーではプロの声優になるために二年間のカリキュラムを用意しています。

一年次前期には声優の基礎を学ぶことを目的に、コミュニケーションゲームやエチュードを行います。

これらを通して声優に必要な対話力や演技力を身につけます。

後期には発表や公演で人前に立つことを経験します。

人前に立つことでエンターテインメント性を身につけ、プロとしての自覚を育てます。

二年次前期からは個人の強みや志向に合わせて授業を選択し、必要な応用力を身につけます。

現場実習を行うことで身につけたい、必要とされるトーク力や歌唱力など幅広いスキルを習得することを目的に授業を行います。

後期には模擬オーディションやセミナーを受講することでオーディションを突破するための自己PR方法や質疑応答の面接における対応力を養います。

ここまでのカリキュラムを二年間通して行うことで、プロダクションへの所属とプロの声優としてデビューを目指します。

そしてヒューマンアカデミーではWマネージャー制度という学内マネージャーと業界マネージャーの二人が学生をサポートしてくれます。

学内マネージャーは入学前から学習や新生活の不安や悩みを相談できます。

芸能業界の情報や進路指導にも精通しており、学生生活をサポートしてくれます。

業界マネージャーは芸能、声優業界と繋がりを持っているのでプロダクションやオーディション対策をサポートしてくれます。

充実したカリキュラムとWマネージャー制度により、充実したキャンパスライフを約束します。

 

 

ここまで紹介してきたヒューマンアカデミーの三つの約束によりプロの声優を目指す学生をサポートしてくれます。

特徴的なのがオーディションに力を入れているということと、学生一人一人に対してサポートを行える環境を整えているということです。

また全国にたくさんの校舎があるので通いやすい環境でもあります。

頻繁に説明会や体験授業を開催しているので、興味があれば参加してみると実際の雰囲気をより感じることができるので良いかと思います。

まずは説明会や体験授業への参加を検討してみてはいかがでしょうか。